HOME > 技術情報 > Eco Saving Eye(エコセービングアイ)

Eco Saving Eye(エコセービングアイ)

エネルギーと設備の「総合管理」システム「Eco Saving Eye(エコセービングアイ)」

私たちは、オフィスや工場、学校等、建物の空調、照明、動力といったさまざまな設備に関わる総合的なエネルギー管理と、高効率省エネ運転管理を実現する「Eco Saving Eye(エコセービングアイ)」を開発しました。
快適さを損なわず、かつ効率よくCO2の排出量を削減し、地球温暖化の抑制に貢献していきます。

システムの特長

1.柔軟なシステムの拡張性

エネルギーの効率化には、現状把握が肝要です。「Eco Saving Eye」シリーズにはエネルギーの「見える化」機能を中心に展開する「Eco Saving Eyeライト」もご用意しています。

柔軟なシステムの拡張性
システムは将来に向かって柔軟に機能拡張が行えます。
2.エネルギービュー

CO2の削減目標、エネルギーコストの低減目標をモニタでリアルタイムに“みえる化”します。お客様の環境に対する取り組みを内外に強くアピールいただけます。

"見える化"実践例:ロビーモニター
エネルギービュー
CO2排出量をリアルタイムに表示します。
お客様の事業年度に合わせて累計値を表示できます。

正面向かって左半分の画面については、お客様が希望する画像を掲載できます。
3.デマンド監視制御

契約電力、目標消費電力のみならず、最大で5次警報の設定・表示が可能です。
また、前回のデマンド線を表示できるため消費電力の対比が一目瞭然です。

デマンド監視制御
電力の使用量に対して、警報が出された場合はあらかじめ設定しておいた機器の停止制御を行い、視覚的に判別できるように「系統図・平面図」画面上の設備を表すシンボルの色に反映させます。
機器が停止することとなった場合でも機器の停止を偏らせないローテーション制御機能で、お客様の快適さを損ないません。
4.設備監視・個別制御

各設備の状態(正常、異常)を「系統図・平面図」画面上で色別に表示します。
また、任意の設備をこの画面上で個別に制御することが可能です。

設備監視・個別制御
各設備の状態をシンボリックに表示します。


室内温度とそれに対する設備の設定および設備ごとの現在の状態(運転、停止、異常(警報)、制御中など)を一括して把握いただけます。
5.Web監視・保守サービス

異常時には、あらかじめ設定した通報先に音声でお知らせします。
外出先であってもインターネット経由で全ての機器の状態、警報の発生元が確認できます。

Web監視・保守サービス
お客様のご希望により弊社保守部門による「Web監視・保守サービス」(オプション)がご利用いただけます。
6.スケジュール運転

設備ごとに運転・停止の時刻が設定可能です。さらに、建物の利用状況に合わせて複数のパターン設定が可能となっており、消し忘れ、つけっぱなし等のムダな稼動を抑制します。

スケジュール運転
カレンダー機能と併用して数ヶ月先の予定も設定可能です。
7.充実の管理帳票

エネルギーやCO2の実績推移を把握するために、「設備管理」「省エネルギー管理」帳票をご用意しました。
もちろん、紙のみでなくExcelファイルとして活用頂く事も可能です。
お客様の目的に合わせてデータを取り出せます。

充実の管理帳票
日報、月報、年報など帳票の種類やグラフや表形式などの見せ方も指定いただけます。
画面でもプリンタ印字でもすばやく表示し、実績推移資料としてご活用いただけます。

導入事例にみるシステム系統

空調設備、照明設備、受変電設備のリニューアルの例

「Eco Saving Eye」および「エコセービング」は(株)柿本商会の登録商標です。