トップページ > 若手社員座談会

若手社員座談会

2021、2022年に入社した若手社員4名に
入社のきっかけや、
柿本商会の仕事の面白さなど、
いろいろと語り合ってもらいました。

座談会メンバー

[2021年入社]

空調技術部丸山 大樹

座談会メンバー

[2021年入社]

空調技術部川渕 陸

座談会メンバー

[2022年入社]

電設技術部石崎 雄大

座談会メンバー

[2022年入社]

電設技術部清水 京嗣

司 会

皆さん本日はよろしくお願いします。まずは学生時代を振り返っていただき、当社を知ったきっかけと入社の決め手を教えてください。

丸 山

大学では建築を専攻していたため、合同説明会で建設系の企業を中心に回っていました。そこで当社のブースに目が留まりました。採用担当者のプレゼンテーションを通して「実績のある企業」という第一印象を持ちました。

川 渕

私も当社と出会ったのは企業説明会の会場でした。専攻していた学科との関連はありませんでしたが、事業内容や施工実績などの説明を受け、地元でスケールの大きい仕事をしたかった自分の思いとマッチする企業だと感じました。

座談会の様子
石 崎

「大きな仕事をしたい」というイメージは私も持っていました。当時は県外の大学に通っていましたが、地元企業で技術職として働くことも念頭にあって企業検索をした結果、大きな物件の施工に携わることができる当社に興味を持ちました。

清 水

私の場合、テレビCMの影響が大きかったですね。漠然と施工管理職志望で就職活動を始め、CMで名前を知っていたという理由で説明会に参加しました。その説明会で地域に貢献していることや、事業内容の幅広さを知ったことが入社の決め手になりました。

丸 山

説明会の後、インターンシップに参加すると、社員の皆さんがすごく丁寧に接してくれて、現場見学でもお忙しい中、当時学生だった私が理解できるまで質問に答えてくれました。その姿勢に感銘を受けて「この人たちと一緒に働きたい」と入社を決めました。

座談会の様子
司 会

皆さんは普段、どのような仕事をしていますか?また、仕事中に意識していることは何ですか?

清 水

電気工事の現場監督として、安全書類の作成や人員の配置、モノの発注など工事現場全体を先輩の下で取りまとめています。仕事中はとにかく行動あるのみです。経験を積むことが今は大事だと考えているので、現場では先輩に「何かできることはありませんか」と積極的に取り組んでいます。

丸 山

私は空調・衛生工事がメインで、写真や安全、工程の管理のほか、他業者との打ち合わせなど業務の内容は幅広いですね。打合せの場はもちろん、とにかく話すこと、こちらから話しかけることを意識しています。施工管理はコミュニケーションが命です。初対面の方でも積極的に話すようになりました。

石 崎

先輩の下で現場での写真撮影や施工図の作成、工事の段取りなど、確かにやることは多いです。仕事をしていると、分からないことにぶつかることもありますが、一人で考え過ぎずに周囲に聞くことを大切にしています。自己判断で進めて問題が起こらないように気をつけています。

川 渕

公共施設の空調衛生の改修工事を担当しています。主な業務は皆さんと同じで工程管理や材料の搬入・搬出入の依頼、工事写真の撮影などです。やることはたくさんあるので、一つのタスクが完了したからといって、一喜一憂せずに常に先を読んで段取りをするようにしています。